スポンサーリンク

ホッチキスで作るビニールハウス【加工編】

今回はビニールハウスの加工していきます。

 

と言っても難しくはありません。

 

面倒な

 

だけです。😓

 
 

ビニールシートの貼り合わせには、ホッチキスを使います。

 

去年の冬に半年ほど使用しましたが、風が吹こうが、雨が降ろうが、強度的には問題ありませんでした。

ちなみに去年のビニールハウス

 
 

耐用年数が気になるところですが、錆びなければ3〜4シーズンはいけそうな感じです。

 

たぶんビニールシートの耐用年数くらいはいけるんじゃないかな。

 

ホッチキスを使う利点は、

もちろん

簡単な

ところです。

 

縫えば見栄えも強度も良さそうですが難しそうです。

 

あとホッチキスは、やり直しが出来るのも良いですね。

 

わたし、失敗するので…

 
 

では、順を追って加工の説明をしていきたいと思います。

 

【ビニールシートのカット】

 

ビニールシートをサイド部分2枚と本体部分をカットします。

 

イメージ図

本体部分 240cm×110cm

サイド部分 65cm×90cm

 

ホッチキスを止めるのに1~2cm幅が必要なので、2〜3cmほど大き目にしています。

 

あとスカート部分があるので実際の長さ+20cmほど長くしています。

 
 

サイド部分は実際の支柱から型紙を作っています。

 

この型紙を使って

 

ビニールシートに転写します。

 

カットするとこんな感じ

 
 

本体部分もちゃんと測ってカットします。

 

大きいので切るのが大変。💦

 

めちゃくちゃ綺麗に切る必要もなくて、だいたいのカットする位置をマジックで目印を付けておき、目印を見ながらハサミで切ります。

 

サイズだけは、間違えないようにね!

 
 

【ホッチキス止め】

 

カットしたサイド部分と本体部分をホッチキスで止めていきます。

 

イメージ図

 
 

この時、ビニールシートだけでホッチキスを止めると針穴が広がり強度が下がります。

 

なので100均のベルトで挟んで止める事で強度が上がります。

 

▪️ホッチキスの止め方

まず、ビニールシートを合わせて

 

その上からベルトを半分に折ってシートを挟みます。

 

ベルトの上からホッチキスで止めていきます。

 

こんな感じになります。

 

ホッチキスを止めた後、ペンチで軽く押さえた方が良いですね。

 

ホッチキスの止め方動画

自作ビニールハウスのホッチキス止め方

 

ひたすらこれを繰り返していきます。

 

繰り返すべし…

 
 

途中、何か所か支柱に結んで固定するリボンを付けます。

 

リボンは、こんな風に取付け

 

支柱に結んだところ

 
 
 

本体とサイドをホッチキスで止めるとこんな感じになります。

だいたい、1時間くらいで出来ますよ。

 
 

この作業、めっちゃ

 

地味

 
 

だけど

 
 

意外と好きだったりします。😊

 

 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
 
 

コメント

  1. celeru より:

    こんばんは^^

    型紙で切り取るとか、凄いですね。既製品ではなかったんですね~
    地味な作業に没頭すると俗世から隔離出来るので良いですよね(笑

    • HOBOHOBO より:

      こんばんは。
      そうなんですよ。
      完全に自家製なんです。
      確かに地味な作業なんで没頭できます。
      そして充実感が最高!🤣

  2. 万が一にも、奥様に、「作れ!」と言われてもイイように、想像を膨らませながら、読み進めていましたが、

    とても地味な作業っぽい(´Д`|||)

    でも、毎年、とても綺麗なハウスを作られているので、本音は、「作れ‼️」と言われて、作ってみたいんですけどね(๑˃͈꒵˂͈๑)

    いつも、楽しませて頂き、ありがとうございます(*´꒳`*)

    • HOBOHOBO より:

      ひろしゃんところは、大きいヤツが良いのでは?
      本物のビニールハウスを!
      めだか増やしまくって下さい。😊

タイトルとURLをコピーしました