スポンサーリンク

加温飼育に新兵器を!

加温飼育で面倒な事、

 
 

1位 水換えで入れる水

 
 

何が面倒かと言うと、水換えした時に入れる水は、温度を合わせないといけない。

 
 

例えば、加温飼育の水温28℃だと28℃の水を入れないといけない。

 
 
 
 
 

加温飼育した時にまず考えたのが、水槽用ヒーターを汲み置き水に放り込む作戦。

 
 

しかし、このやり方だと、容量・水温・ヒーターの能力によっては、数時間かかる。

 
 

そんなに待てねー

 
 

と言うわけで却下

 
 
 
 
 

次にやったのが、ペットボトルに水を入れて湯煎の空きスペースに入れる方法。

 
 

しかし、水換えに10Lほど使うので、スペースが圧迫される。

 
 

面倒だし

 
 

結局、スペースが無くなって辞めた。

 
 
 
 
 

次にやったのは、湯沸器からお湯を取ると言うやり方だ。

 
 

去年までは、このやり方でした。

 
 

ただウチの場合、湯沸器は2階、メダカ飼育スペースは1階。

 
 

なので、冬の間、週3回ほど毎回2階からお湯の入ったバケツをエッチラオッチラ運んでたのよ。

 
 

面倒だけど、このやり方しか思いつかなかった。

 
 
 
 
 

しかし、今年は違います。

 
 
 

新兵器を導入しました。

 
 

それが

 
 
 

コ・レ・ダ・!

 
 
 

電気ケトル

 
 

使い方は、簡単

 
 

お湯を沸かして、水に入れて温度を合わせるだけ。

 
 

例えば、10Lほどの水だと

 
 

1Lほどのお湯を入れるたら

 
 

25℃くらいまで上げれる。(最初の水温で変わります。)

 
 

時間も5分程度なので、何か作業してる間に沸いてます。

 
 
 

但し、電気代は1Lの水を沸かすのに2.6円ほどかかります。

 
 

週3回水換えすると1ヶ月で31.2円

 
 

許容範囲ですね。

 
 

今回、家で使わなくなった電気ケトルをもらったのでボロい…(何か割れとるし)

 
 

新しいのを買っても1,680円ほどと、安いですね。


ヒロ・コーポレーション 中身が見やすい 電気ケトル 保証付き 空焚き防止機能付き 1.0L コンパクト グレー KTK-300-G

 
 

更に

 
 

お湯があれば、コーヒー飲めるやん。

 
 

メダカを眺めながらコーヒー

 
 

カフェ・ほぼメダカOPEN!

 
 

ええやん。

 
 
 
 
 

あと、いっぱいお湯を沸かしたら

 
 

風呂も入れる

 

ほぼメダカの湯OPEN

 
 
 

いや、それは無理…

 
 
 
 

と言うわけで

 
 

今年は、電気ケトルで乗り切ります。😊

 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました