スポンサーリンク

ドボン式採卵で寝不足解消

採卵と言えば良いのか、卵管理と言えば良いのか…

 

今までは、産卵床から手で卵を取る手摘み採卵方法でした。

 

意外と時間がかかるよね。

 

ネタで作ったセクシー産卵床なんて卵が見にくいし

 

これだけ付いてたら、取る気無くすよね。

 

卵の管理も毎日水換えしてると時間がかかって睡眠時間が減る…

卵地獄に落ちる
少し前に種親セットしました。当初、種親は7種類だけと思ってたら何と15種類に!?しかも、一斉に産卵開始。いや、コレはコレで嬉しいんだけどさ。水換えが大変なのよね。😓こんな感じ...

 
 

寝不足解消のため、今年はドボン方式にします。

 
 

産卵床ドボン方式とは?

 

まあ、わざわざ説明するまでもないけど

 

卵のついた産卵床を水をはった容器にドボンと入れるだけです。

 

実は去年もドボン方式でやってみたんですが、孵化率が悪かったんです。

 

なので今年はメチレンを入れます。

 

これが上手いこといったら、採卵時間と卵の水換え時間が無くなる。

 

単純計算で1か月で減る時間は

 

30時間

 
 

あとドボン式をするには、容器がいっぱいいるので100均容器を買いました。

 

こんな感じ

 
 

おわってから気が付いたけど、産卵床がいっぱいいる。

 

次の産卵床がなかったので、急遽作成

 

とりあえず、チュール2個分を

 

睡魔に襲われながら

 

1時間かかりました。

 

その結果、

 

仕事中眠たくてしゃーない。

 

まだまだ寝不足は続く…

 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
 
 

コメント

  1. celeru より:

    こんにちは!お疲れ様です(^_^)

    私も、早く増やしたい場合は手で摘んで孵化するまで水換えをしますが、卵を摘んだらラムズを入れて放置する場合もあります。

    この時期になると針子稚魚がわんさかになるので、ドボンです。増える量は少なくなりますが、楽ですよね。

    • HOBOHOBO より:

      こんにちは。

      まだ結果が出てませんが、絶対増やしたいのや産卵数が少ないのは、手摘みが良いかなっと思っています。

      ラムズはわたしも活用してますよ。
      針子容器には、必ず入れるようにしています。

タイトルとURLをコピーしました