スポンサーリンク

越冬中に死ぬサイズ

先日、インフルエンザの予防接種を受けたのよね。

 
 
 

その数日後、

 
 
 

風呂から上がって裸でくつろいでいると

 
 

嫁「なんか付いてるで!」

俺「えっ?」

 
 

見てみると

 
 

注射打った後に貼るヤツ〜

 
 

嫁「何日貼ってんねん!」

俺「剥がすの忘れてたわ。」

 
 

あるあるだよね。(無いって…?)

 
 
 
 
 

さて、今回は越冬出来るサイズについて書いてみよう。

 
 

結論から言うと1.5cm以下は、死ぬ可能性が高い。

 
 

これくらいのサイズはいけるかな(約1.5cm)

 
 

この子達は、ヤバい😱

 
 

余裕で越冬出来るサイズ(2cm)

 
 

アルビノも普通に越冬できます。

 
 

環境によっては、1cmくらいでも越冬出来るので、あくまでもわたしの目安です。

 
 

小さいサイズだと、寒さや餌抜きに耐える体力がないと思われる。

 
 

あと成魚でも、痩せてるのは越冬中に死んでしまいます。

 
 
 
 
 

では、どうしたら良いのか?

 
 

1番は、やっぱ

 
 

加温飼育や〜!

 
 

ただし、冬の間ずっと加温する必要もなく、1.5cm以上になったら、常温に戻せば良い。

 
 

常温戻しは、いきなり常温じゃなく少しづつ水温を下げてね!

 
 
 
 
 

加温出来ないって方は、室内の明るい場所で飼育すると生存率は上がる。

 
 
 

結局は

 
 

秋まで採卵するから、そうなんねん。

 
 
 

お前が言うな!

 
 

サーセン

 
 
 

いやでも、今年は暖かかったからメダカも10月でも産卵してた。

 
 

卵を見ると、ついつい採っちゃう。

 
 

メダカ愛好家の

 

悲しい性やね。

 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました