スポンサーリンク

正しいサイズの分け方

先日、自転車で走ってた時のこと
 

段差を乗り越えた途端
 

サドルが取れた!(°_°)

その後、立ち漕ぎで帰ったのは言うまでもない。
 
 

さて、休みのたびにやってるサイズ分けのやり方だ。

こんな感じに分けている。

LL

 

L・M

 

S・SS・孵化して1週間

 

ちなみにS・M・Lは一般的なサイズと違い、大きさの目安だ。
 

各容器から大きくなった稚魚を選別

 

彼らは新しい容器へと旅立っていく…
 

この時、長渕剛の「乾杯」を歌いながら新しい容器に放すと感動する事間違いなし!

卒業ソングなら、何でも良いだろう。
 

これが正しいサイズ分けのやり方だ。
 
 

ブログを書きながら思ったけど
 

サイズ分けすぎ!

 
通りで容器が足りないわけだ…
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
 
 

コメント

  1. celeru より:

    こんにちは!

    細かく分けてやればメダカも喜びますよ(^-^)

    8月もそろそろ終わりですが、今年は小さい個体が多くて少し焦ってます(◎_◎;)

    • HOBOHOBO より:

      こんにちは。

      細かくするのは、実は大好きなんですが、容器と時間がないのが難点。

      稚魚の成長は、いろいろな条件が絡み合っているのか、不思議な点がありますよね。

      水温、日当たり、餌の量、過密具合、容器の広さ…難しい

タイトルとURLをコピーしました