スポンサーリンク

越冬どうする?

ここ3年ほど、完全放置して越冬している。

 
 

放置越冬とは
越冬だからといって、特に何もせず、容器も夏のまま、12月からは餌もあげず、完全に放置する越冬方法だ。

 
 

餌も与えず

水換えもせず

柿の葉も入れず

発泡に変えたりせずに

夏のまんま

一切メダカを見ない

 
 

それが

 
 
 

放置プレイ

 
 

放置越冬だ!

 
 

Sの方には、おすすめである。(わたしは、M)

 
 
 
 
 

では、放置越冬した結果は?

 
 
 

正直、100%と越冬出来たかと言うと

 
 
 

多少は減る

 
 

ただ、いろいろ手をかけても多少の犠牲者は出るのよね。

 
 

それなら、楽な方が良いよね。

 
 
 

そんな放置越冬だが注意点もある。

 
 

それは

 

水が減る

 

ことだ。

 
 

1ヶ月で、1/3~半分くらい減る。

 
 

さすがに水が減るのは、ヤバい。

 
 

生存率が落ちます。(経験者)

 
 

なので、月に一回は足し水しないといけない。

 
 

面倒くせぇ

 
 
 

そんなデメリットを改善するべく去年実験的にしたのが

 
 

コ・レ・ダ・!

 
 

えっ?

 
 

蓋をしただけじゃん。

 
 

あれ?

 
 

バカにしましたね。

 
 

蓋をするだけですが、たくさんのメリットがあるんです。

 
 

①雨が入らない。

雨は、水質が変わったり、水温が急激に下がったりするので避けたい。

 
 

②水温低下が抑えられる

蓋をするだけで、蓋なしよりも3~4℃高くなります。

少しでも水温が高い方が生存率が上がります。

 
 

③水が減りにくい

水の蒸発がマシになります。

 
 

コレがメインかな

 
 

蓋をせず1ヶ月放置した時の水の減り具合

 
 

蓋あり1ヶ月放置した時の水の減り具合

 
 

蓋すると水が減りにくい

 
 

月に1回の足し水が、蓋をすることで回数を減らすことが出来ます。

 
 

より

 

放置出来る

 

と言う事ですね。

 
 
 

放置プレイ極まる!

 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました