スポンサーリンク

立ちはだかる壁を乗り越えよ!

加温飼育を始めたのは良いけどさ。

 
 

いきなり、満室とか

 

ありえん!

 
 
 

こんな時に限って、種親達は順調に産卵開始

 

まあ、それはそれで良い事なんだけどさ

 
 
 

針子が孵化しても入れる

 

場所が無ぇ!

 
 
 

速やかに容器を空ける必要がある。

 
 
 

仕方ない。

 
 

「加温卒業ミッション」を発動しよう。

 
 
 

加温卒業ミッションとは?

 
 

説明しよう。

 

加温飼育してる針子と稚魚達を越冬出来るサイズまで育てて、常温飼育に戻すと言うミッションだ。

 

いわゆる「常温戻し」とも言われている。

 
 

出来るだけ早く、12月中にはミッションを完了しないといけない。

 
 
 
 

しかし、このミッションには、乗り越えないといけない壁がある。

 
 

壁その①

 

早く大きく出来るのか?

 

元々、飼育が下手くそなわたし。

早く大きく出来るのか?

しかも、成長が遅いと言われるアルビノばかり…

心配である。

 

これくらいまで大きくしたい。(1.5cm)

 
 
 

壁その②

 

常温戻しは、成功するか?

 
 

常温戻しの具体的なやり方は、こんな感じ

 
 

現在、28℃で飼育

 

24〜25℃に下げて4〜5日飼育

 

さらに18〜20℃に下げて4〜5日飼育

 

最後に15℃に下げて4〜5日飼育

 

そして、やっと常温飼育出来る。(室内だが…)

 
 

やはり、リスクはある。

 

ちゃんと寒さに順応してくれたら良いんだけどね。

 

アルビノだけど大丈夫か?

 
 
 
 

秋にアルビノなんて落札するんじゃなかったな。

 

まあ、自分で蒔いた種なんで、頑張って壁を乗り越えよう。

 
 

最悪、加温容器増設ね。

 
 
 
 

その時は、嫁と言う壁が立ちはだかるけど…😓

 
 

壁とは乗り越えるためにある。(by HOBO)

 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました