スポンサーリンク

こんな小さなカップで増えるだと!

今回は、少し変わったミジンコ培養方法をご紹介。

 
 

変わってると言うのは、

 
 

これを使います。

 

そう、容量約200ccのカップです。

 

こんな小さな容器でも増えるのか?

 
 
 

では、早速培養してみましょう。

 
 

まず、水を入れます。

 

必ず温度は、合わしましょう。

 

そして、種ミジンコを投入!

 

だいたい5〜10匹居たら問題なし

 

ここにクロレラを入れます。

 

薄らと色づく程度でOK

 

これを加温容器の上に置きます。

 

加温は26℃設定ですが、容器の上に置くと20℃ちょっとになります。

 

あとは、1日1回スポイトで水をかき混ぜるのと

 

色が薄くなってきたら少し追いクロレラします。

 
 

そして、1週間後…

 
 
 

果たして増えたのか?

 
 

その結果が

 
 

コ・レ・ダ・!

 

さらにアップ!(虫が入ってる🤣)

 
 

えっ、わかりにくい?

 
 

仕方ない

 
 

数えましょうか…

 

3つに分けて

 

数えた結果

 

合計548

 

結構、増えたよね。

 
 
 

増えたミジンコは、メダカ達にこのまま与えます。

 

食べてますね

 

毎日一つあげるので、これだけローテーションで培養しています。

 
 
 

このカップ培養の良いところは

・場所を取らない

・意外と簡単だと思う…

・手軽

 

まあ、場所が無くて苦肉の策ですが…

 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 

コメント

  1. celeru より:

    おはようございます、お疲れ様です(*^-^*)

    久々のカウントですね!
    あとはHOBO探検隊が出たら通常運転でしょうか?

    うちはペットボトルでタマミジンコを培養していますが、維持程度であまり増えません。
    中三日で7ボトルの水替えをしてて、、、それが結構負担です(◎_◎;)

    • HOBOHOBO より:

      こんにちは。

      久々に数えました。
      今は満防で余裕がありますが、どうなるかな?

      タマミジンコは、なかなか難しいですよね。
      うちは、リセット方式なので水換えはしませんが、意外手間がかかるもんです。

タイトルとURLをコピーしました